資産運用って何?どうすれば資産を増やせるの?

ネットサイトを見ていると「資産運用」という言葉を時々見かけると思うのですが、資産運用って何かご存知ですか?
今の時代、資産運用なしでは未来なしと言われるほど、資産運用の重要度が増しています。
ここで資産運用のイロハのイをしっかり学んでおきましょう。

資産運用とは?

資産運用とは、文字通り「資産」を「運用」することです。
資産とは、主に現金や不動産などを指すのですが、それらを上手に活用して新たな利益や資産を得ること。これを資産運用と言います。言い換えると、投資とも言いますね。

では、具体的にどんな方法で資産運用できるのでしょうか?
例えば、株式投資、投資信託、国債投資、不動産投資、金投資などが資産運用のメジャーな方法として挙げられます。株投資とはどんな資産運用方法でしょうか。

株投資は、現金で一会社の株を買う投資法のことです。
買った株が値上がり、値上がりしたところで売却するとプラスの利益を得られますよね。これが株投資という資産運用法の一つなんです。

資産運用を代表する株投資は一例ですが、お金で何らかのモノを買い、そのモノの価値が上がることで利益を得る。
これが資産運用というわけです。資産運用は、基本的に労働の要らない仕事ですので、仕事の給料として貰うものを労働所得というのに対し、資産運用で得た利益は「不労所得」と言われているのもうなずけます。

どうすれば資産を増やせるの?

では、資産運用によってどのように資産を増やすことができるのでしょうか?
先に少しふれましたが、株投資では買った株が値上がりすることで利益を得ることができました。
つまり、株投資と同じように、将来的に価値が上がるモノに投資を行ない、価値が上がったところで売却すれば資産を増やすことができるわけです。

将来的に価値が上がるモノに投資する

これが資産運用の原則となります。
投資対象は株だけに限りません。値上がりするものであるなら何でもかまわないのです。外貨に投資しても良いですし、金に投資しても良いわけです。とにかく将来値上がりすると思われるモノに投資し、将来利益を得る。これが資産運用の基本となります。

ただし、将来値上がりするモノに投資をするだけが資産運用ではありません。ここでご紹介しきれないくらいの資産運用法があるのですが、ここでは「将来価値が上がる、値上がりするモノに投資する」、これが資産運用だと覚えておけば大丈夫です。