FXで退場にならないための3つのメンタルチェック

FXには、知識も必要ですが、同じくらい大切なのが、精神的な安定感と自分に対する厳しさです。
トレード中、かなり自分には不利な状況になる場合もあります。
そのような時、精神的に安定している時なら上手に回避できたはずなのに、不安定になっていると、とんでもないミスをしてしまうかもしれません。
そうならないために、以下のことをチェックしてみてください。

勝ち続けて油断をしていないか

勝ち続けていると、自信過剰になってしまう方も多いです。
資産が増えていくにつれて、調子に乗ってしまい、相場の勉強をしなくなってしまう人もよくいます。
相場は、隙が生まれ、トレードが雑になったときが最も怖いのです。

今までと同じポジション数で、淡々とトレードをし続ければ良いのに、勝てているからといって倍近いポジション数を持つ方もいます。
相場には、いつ何が起こるかわかりません。
連敗することも必ずあります。
フルレバレッジでポジションを持って、とんでもない額を失うリスクを背負ってまでトレードする必要はないのです。

1日で天国から地獄へ突き落されることがあることを忘れないでください。

負け続けてあせっていないか

相場をやっていると、負けが続く時があります。
連敗すると、自信がなくなり、冷静な取引ができなくなってしまう方もいます。
そして、資金を失ったことに焦り、普段してないようなポイントでエントリーしてしまい、もっと損失を膨らましてしまう方も多いです。

負け続けている時には、少し相場を休むか、自分の得意なパターン以外は取り引きをしないでおくことをおすすめします。
大切な資金を守り抜くことを重視しましょう。
資金を失い、ポジションを持てなくなって、相場を退場してしまっては、FXをやる意味がありません。
資金を貯めて、相場に戻ってくるまでの時間を考えたら、無駄なトレードをすることこそがリスクなのです。

金銭的な悩みがないか

FXをはじめ、投資というものは余裕資金で行うものです。
生活費とまでは言わなくても、生活に使う可能性のあるお金などを投資に使うのはよくありません。
特にFXは、とてもリスクの高い金融商品です。

余裕資金ではないお金を使うと「負けてはいけない」という気持ちが強く働きやすいです。
そのせいで、損切りができなかったり、無茶なトレードをしたりしがちです。

他にも、お金を少しでもなくしてしまっては困る理由があるなら、FXは休むのが理想的です。
「休むも相場」です。
どうしてもトレードをしたい方は、必ずストップを近くに置き、大きくお金を失わないようにしましょう。

以上、退場にならないためにチェックしておきたいことを挙げました。
FXをしている人の中には、それで生活をしている専業の人もいるのです。
不安定な精神状態では、プロのトレーダーにお金を取られてしまうだけになるかもしれません。
トレードルールをしっかり守ること、自分の精神状態をコントロールできていない時はトレードを休むことは、相場で生き残るためには大切なことです。