自賠責保険だけで補償は十分??

結論から先に言うと、自賠責保険だけでは不十分すぎます!
よっぽどお金持ちなら別ですが、普通の方は自賠責だけではとんでもない額の自己負担を強いられる可能性大です。
では早速その理由をご紹介します。

自賠責保険と任意保険って何が違うの?

自動車保険には2つの種類があります。
自賠責保険と任意保険です。
自賠責保険は車検を取るときに強制的に加入させられる保険。
いわば国の強制保険です。
だから、車検さえ取っておけば誰でも加入しています。
それに対して任意保険は自分で契約して月々、もしくは1年に一度保険料を納めている保険です。
「なんだ、強制的に加入させられている保険があるのなら任意保険なんていらないんじゃない?」と思いませんでしたか?
けど自賠責保険は被害者救済のための最低限の補償しかない保険。
これだけだとひどい目にあいます。
では自賠責保険の補償内容をご紹介しましょう。

自賠責保険の補償内容は最低限

簡単にご紹介しますね。
自賠責保険とは、交通事故で相手方に怪我をさせた場合、死亡させた場合、後遺傷害を負わせた場合に賠償金を支払うものです。
ちなみに怪我だけなら上限120万円、死亡なら3,000万円、後遺傷害なら4,000万円です。
相手の怪我、だけです。
自分の怪我はおろか相手の車自分の車の修理代も支払われません。
対車の交通事故を起こして、相手の車は全く無傷なのに怪我だけしてしまうなんてケースはほとんどありませんよね。
歩いている人をはねた、というケース以外は何かしらの物が壊れてしまいますが、自賠責保険だけでは物の損害は全くカバーされないのです。
しかも、この上限額を越えたらすべて自腹で賠償しなければなりません。
怪我の場合は120万円が上限です。
「120万円の治療費なんてよっぽどのことがないとかからないのでは?」と思った方も多いはず。
それはみなさんが健康保険を使った治療費しか知らないからです。
交通事故による怪我で治療をする場合は、基本は自由診療といって全額請求されます。
いつもかかっている治療費の3倍以上かかると思っていいでしょう。
さらに、通院期間や日数に応じて慰謝料を支払わなければなりませんし会社を休めばそれも補償しなければなりません。
これらを合わせると、一般的なむち打ち症の場合は3ヶ月?6ヶ月で120万円に到達してしまうでしょう。
交通事故で相手に怪我をさせてしまうと自賠責保険だけでは全然足りなくなる可能性が高いのです。

自賠責保険の手続きは大変!

自賠責保険には示談交渉サービスが一切ついていません。
任意保険のように、書類を手配したり病院代を立て替えたりもしてくれません。
すべて加害者さんが被害者さんと交渉しなければならないのです。
高額な医療費はすべて被害者さんや加害者さんが一度立て替えなければなりません。
書類の取り付けも本当に大変。
診断書に診療報酬明細書、交通事故証明書、事故発生状況報告書、など10種類以上の書類を用意しなければならないのです。

まとめ

自賠責保険の補償のみでは、自分に対する補償は全くないばかりか、お相手に対する補償も最低限です。相手の車の修理代も支払われず、お怪我の治療費や慰謝料も上限が決まっています。
自賠責保険があるから大丈夫、と思っていざ事故を起こしてしまうととんでもない額の賠償金を自腹で支払うことになりますので、任意保険には是非とも加入しておきましょう。