ぜひとも加入しておきたい自動車保険の特約の種類と内容

自動車保険にはメインとなる車両保険や対人賠償責任保険などの他に特約と呼ばれるプラスアルファの補償があります。
全く特約を付けなくても最低限の補償は得られますが、ちょっと保険料が増えるだけで大きな安心を得ることができます。
かといって全ての特約をつけたら、保険料が大変なことに!
そこでおすすめの特約とその内容をご紹介します。

  1. 対物全損超過修理費用特約
  2. 保険会社によって名前が違いますが大体「相手車」や「全損」・「超過」といった単語が入っています。
    どういう特約かというと、事故の相手の車が「全損状態」(事故時の時価額よりも修理代が上回る状態)になった時、修理をする場合は保険会社が査定した時価額にプラス50万円(これは例えなので保険会社によって金額は異なります)の修理代が支払われるものです。

    「事故の相手に賠償する額が増えるってなんのメリットがあるの?」と思った方も多いのでは?
    確かに、この特約は相手にとっては助かる特約で、契約者さんにとってはメリットがなさそうですが、実は車が全損になるケースは、本当に揉めるのです。
    「保険会社が修理代を全額支払わないんなら契約者に支払ってもらう!」とご立腹される被害者さんが多いこと多いこと。
    しかし、この特約に入っておけば「全損だけどプラス50万円までの修理代なら支払えますよ、修理しますか?」とお話しすることができます。
    契約者さんが被害者さんに詰め寄られる可能性もかなり低くなります。
    ただし、修理をする場合に限り、支払われるという点だけご注意ください。

  3. 新車特約、新価特約
  4. これは新車登録から大体3年以内(保険会社によって規定が異なります)の車につけることができる特約です。
    事故で車が壊れ修理代が車両保険金額の50%を越えて、「もう一度新車を買おう!」と決めたら新車購入と諸費用が支払われる特約です。

    例えば、車両保険の金額が120万円で、修理代が60万円だった場合新車に買い換えたら修理代の60万円ではなく、新車を購入するための本体費用と税金などの諸費用も補償されちゃうのです。
    この特約に加入していなければ支払われるのは修理代の60万円のみです。
    ただし、新車に買い換えなければ支払われません。あくまでも修理せずに新車を買った場合のみ、適用されます。
    その代わり事故にあった車は保険会社の所有物となってしまい、自分で売却することはできません。
    こんなお得な特約ですが月々の保険料はそんなにアップしないんですよ。
    試しに自分の自動車保険に追加した場合の見積もりを依頼してみましょう。

  5. 弁護士費用特約
  6. 「もらい事故にあったけど、相手が無保険できちんと賠償してくれない」
    「事故の過失割合に納得できない!」
    「もらい事故にあって怪我をしたけど相手の保険会社の提示する慰謝料に納得できない」
    こういったケースでは、弁護士に依頼したくなりますが費用がかさむので中々踏み出せない、という方は少なくありません。
    そんな時にあると助かるのが弁護士費用特約です。
    契約している車での事故じゃなくても、適応できます。
    契約者さん以外でも配偶者や家族も利用可です。
    1家族に1つついていればオッケーなので補償が重複しないように気をつけて加入しましょう。