自動車保険の保険料を下げるコツ

誰でも出て行くお金は少ないほうがよいに決まっています。
けど、毎月の支出で削れるお金って意外と少ないもの。
そこで、誰でも簡単に節約できる「自動車保険の保険料を下げるコツ」をご紹介します。
ぜひぜひ試してみてください。

通販系損保に乗り換える

これが一番手っ取り早く、効果が目に見えてわかります。
これまで代理店系損保で加入していた、という人は見積もりを取ってみるとその差額に驚くことでしょう。
大体の人が年間に1万円?2万円ほど保険料が安くなります。
「通販系にすると事故の時が心配、遠くの都市部の担当者が対応するんでしょ?」
と不安に思うかもしれませんが、そういう場合は近くに拠点がある通販系の損保にすればよいのです。
もしくは大手代理店系損保系列の通販損保を選びましょう。
大手代理店系損保系列の通販損保の事故対応は、代理店系損保の社員が行うことが多いのです。
つまり地元密着型の担当者が対応するこということ。
これで不安も解消されますよね。

人身傷害保険の金額を見直す

人身傷害保険の保険金額はいくらに設定していますか?
もし、一般のサラリーマンや自営業の方なのに5,000万円を超える補償をつけているのならすぐに金額を下げましょう。
3000万円から4,000万円で十分です。
人身傷害保険は死亡したら設定金額が全額支払われる訳ではなく本人の年収や年齢によって計算されます。
人並み外れて高収入という人以外は高額の人身傷害保険は必要ないばかりか、満額支払われないので無駄になってしまいます。

無駄な特約は辞める

自動車保険の特約には絶対入っておいたほうがよいものと、いらないものがあります。
お金に余裕があれば色々と補償をつけてもよいのですが節約したければそれほどつけなくても大丈夫です。
ここでは無駄な特約をご紹介します。

代車特約

自分の車を修理している最中、代車が必要になった場合は、設定金額の範囲内でレンタカーを借りることができる特約です。
車が絶対必要な地域に住んでいる場合つけてしまいがちですが、実は保険会社にお願いすれば代車を無料で貸してくれる修理工場を紹介してもらうことができます。
保険会社が紹介する修理工場は大手ディーラーの下請けをするような腕がしっかりとした工場ばかりなので修理内容も心配いりません。
もちろん無料で紹介してくれます。
毎回この制度を活用すれば代車特約に無駄な保険料を支払う必要はありませんね。
ちなみに保険が適用されない事故や故障の場合でも代車無料の修理工場は紹介してもらえますので、困った時は保険会社に連絡してみるとよいでしょう。

弁護士費用特約、日常生活賠償特約

これらの特約はあると便利なのですが、実はどの保険会社でも適用範囲が「同居の家族」などと規定されています。
だから1家に1つずつこれらの特約があれば良いのです。
所有している車すべてにつける必要はありませんので、家中の車の保険証券を集めてみて、重複している補償がないか確認してみましょう。