お金を借りるだけじゃない!キャッシングのまる得活用術

カードローンやキャッシングといえばお金を借りるもの、と思われがちですが、実は使い方によっては日々の生活費の節約や、お給料の前借り的な使い方ができることも!
ここでは、そんなキャッシングやカードローンの活用術をご紹介します。

  1. カードローンでATM手数料を節約
  2. 土日・祝日にコンビニATMを利用してお金をおろすと、手数料がかかりますよね。
    自分の口座からお金をおろしているだけなのに108円から216円の手数料を取られると、ちょっとイラっとしてしまいます。
    たまにならよいのですが毎週となるとそれだけで毎月に1,000円から2,000円の出費になってしまいます。
    それを節約したいなら、消費者金融や銀行のカードローンがおすすめです。

    これらのカードローンの中にはコンビニATMの利用手数料が無料のものがあります。
    それを利用し、コンビニATMでお金を借りれば良いのです。
    「借りたら利子を支払わなきゃでしょ?」と思うかもしれませんが、原則として即日返済すれば利息はゼロ。
    借りてすぐに、自分の口座のネットバンキングで返済をすれば手数料無料で利子もゼロ、という訳です。

    万が一翌日になってしまったとしても金利18%で10万円を引き出した場合の支払う利子は約49円ですので、コンビニATMの利用手数料よりもかなりお得です。
    ATM手数料にちょっと腹が立っていたという人は是非お試しください。

  3. 無利息期間を利用してボーナスやお給料の前借り!
  4. 服やカバン、旅行、など日頃頑張っている自分にご褒美をあげたい時ってありますよね。
    けれど、「生活費はあるけどそんな余裕はボーナスまでないよ」という人も多いのでは?

    そもそも「大けがしちゃって今月の生活費がピンチ!来月のお給料まで生活できないよ!」という方もいるでしょう。
    どちらの場合もボーナスやお給料が前借りできればよいのですが、今時前借りをさせてくれる会社はあまりありませんし、お願いしても良い顔はされませんよね。
    そこでオススメなのがカードローンの無利息期間です。

    無利息期間とは、一定の条件を満たすと利息ゼロでお金を借りることができる期間のことです。
    金融機関によって異なりますが、多くが初回限定で30日間、という無利息期間サービスを行っています。
    これを利用すればボーナス支給の1ヶ月前にお金を借りて、自分へのご褒美旅行に行き、ボーナスが出たら一括返済することも可能。
    突発的なアクシデントにより収入が激減しても、無利息期間を使えば誰に嫌な顔をされることなく、いわゆるお給料の前借りができてしまう訳です。
    無利息期間内に返済すれば利子は発生しませんので、自分の財布も痛みません。

    すぐに返済できるんだけど、とりあえず1ヶ月分のお給料が欲しい!と思ったら迷わず無利息期間があるカードローンを利用することをおすすめします。
    無駄な利子を支払うことなく、生活のピンチを切り抜けたり自分にご褒美をあげたりすることができますよ。