キャッシング

お金を借りる前にやっておきたい3つのこととは?

急な病気や怪我、事故などでまとまったお金が必要になった時、多くの人が金融機関のカードローンを利用します。
他人から借りるよりも安心ですし、手続きも簡単です。
しかし、その前にちょっとだけ他にできることはないか、考えてみましょう。
ここではお金を借りる前にやっておきたい3つのことをご紹介します。

売れるものはないか家の中を確認

必要なお金が100万円単位です、という場合は焼き石に水かもしれませんが少額の場合は、不用品を売却することでお金を手に入れることができます。
高価な骨董品や美術品ではなくても、ゲームや漫画、本などといったもので構いません。
換金率が高いのはゲーム本体、パソコン、スマホ、人気の漫画、ブランドバッグなどです。
これらのアイテムが家にあるという人は少し面倒でもオークションに出品しましょう。
質屋やリサイクルショップではかなり買取り価格が低くなってしまいますので、直接個人とやりとりができるオークションやフリマサイトがおすすめです。
試しに、昔使っていたスマートフォンやパソコンの品名を入力してみましょう。意外と高額で取引されていることがわかると思います。
子供のおもちゃも優秀選手です。
箱なし、汚れあり、欠品あり、といった、リサイクルショップでは二束三文にしかならない状態でもオークションではそれなりの値段がつきます。
ただし、時間に余裕がある方限定です。
急いでいてオークションやフリマの取引成立を待っていられないという場合はリサイクルショップ等で売却しましょう。

生命保険の契約者貸付けを利用する

生命保険には「契約者貸付け」という制度があります
支払った保険料に応じて、低金利でお金を借りることができるのです。
金利は契約日にもよりますが、2%から5%と、住宅ローン並みの低金利です。
加入している生命保険のホームページや電話で申込むことができますので、まずは確認してみましょう。
よくわからないな、という方は担当の代理店や営業社員に聞いてみてください。
金融機関で借りるよりもはるかに低金利でお金を借りることができますし、返済ができない場合は支払われる保険金が減額されるだけですので、リスクも低くなっています。

公的制度を確認する

例えば病気や怪我の治療台が支払えない、という場合はお金を借りるよりも行政や健康保険組合に相談をしてみましょう。
どの健康保険組合にも「高額療養費制度」というものがあります。
1ヶ月当たりの医療費が自己負担限度額を超えると、かかった医療費から自己負担限度額を差し引いた金額が戻って来る制度です。
  自己負担限度額は年収によって異なります。
この制度を利用すれば多額の医療費の請求があっても取り戻すことができます。
ただし申請してから2、3ヶ月後に戻ってきますので、それまで待てない、という方もいるでしょう。
その場合は「高額療養費貸付制度」を利用しましょう。
高額療養費制度で戻って来る金額の8割から9割を事前に無利子で借りることができます。

まとめ

いかがですか?
試せそうな項目はありましたか?
もしなかった場合でも、消費者金融や銀行のカードローンには無利息期間サービスがある商品もありますので上手に活用すれば最低限の利子でお金を借りることはできます。
急いでいてこれらの方法を試せない、という場合は無利息期間サービスを活用しながら上記の方法を試してみても良いでしょう。

関連記事

  1. 5%の金利の差って実際はどうなの?意外と小さい金利の差。
  2. これをやれば審査に通過する確率がアップ!申込みブラック回避方法と…
  3. 「借りる時の仏顔、返す時の閻魔顔」そうならないための3つのポイン…
  4. 家族、会社にキャッシングがばれる原因ランキング上位3位とは?
  5. 借金地獄に落ちる人の3つの共通点とは?あなたは大丈夫?
  6. お金を借りるだけじゃない!キャッシングのまる得活用術
  7. 金利よりも返済期間が重要!返済期間が長いと低金利でも利子が…
  8. 金利以外にもこんな差が!知らなきゃ損するお得なサービスを紹介

FX特集

FXの相場で生き残りたいのなら注意しておくべきこと FXではストップは絶対入れておくべき理由 自分に合ったFX業者の選び方 FXで退場にならないための3つのメンタルチェック 自分流のFXの勝ち方負け方を決めることが大切

貯蓄

資産運用

クレジットカード

キャッシング

自動車保険

生命保険

PAGE TOP