これをやれば審査に通過する確率がアップ!申込みブラック回避方法とは?

お金を借りたいけれど審査に通らないからといって、複数の会社に一気に申し込むと、申込みブラックという状態になり、さらに審査に通り辛くなります。
「申込む→審査に落ちる→他の会社に申込む→審査に落ちる→申込みブラック状態」となってしまい、いくら審査基準に合致している会社に申し込んでもお金を借りることは出来なくなるのです。
そこで、申込みブラックにならないために、事前にできる簡単なコツをご紹介します。
「この審査に通らなきゃ本当に困る!という方は是非お試しくださいませ。

金融機関の利用条件を確認する

意外と忘れがちなのが、どこの金融機関も公表している「利用条件」です。「20歳以上65歳未満で安定した収入があること」「20歳以上60歳未満で年収200万円以上の方」などとパンフレットやホームページに書いてあるのですが、それを確認せずに申込んでしまう人が多いのです。
例えば20歳以下の方は、いくら年収が多くても上記の条件を明記してある金融機関からお金を借りることは不可能です。
当たり前のことのように見えますが、焦っていて基本を忘れていることが多いので、もう一度公式ホームページなどで利用条件を確認しましょう。

各金融機関の簡易審査ツールを活用する

消費者金融、銀行系、どちらのカードローンでもホームページに簡易審査ツールが設置されています。
年齢や年収、他社からの借入れ件数などを入力すると借入れできるかどうかが瞬時に表示される仕組みです。
この簡易審査ツールは意外と高性能で、借入れNGと言えば、ほぼ審査に通ることはありません。
だから、申込む前に、簡易審査ツールを利用すれば、無駄な申込み回数を減らすことができるのです。
名前や生年月日といった個人情報を入力する必要はありませんので、何度試しても申込みブラックにはなりません。
入力自体も1分とかからないので、どうしてもお金を借りたい、という人は思い当たる金融機関のホームページで試してみると良いでしょう。

属性を良くする

審査に落ちる原因が、他社からの借入れ件数や金額ではなく自分の属性かな、と思ったら少しだけ属性をアップさせてみましょう。
勤務先や年収、勤務形態をすぐに変更することはできませんが、一人暮らしの場合は実家暮らしに住所変更をする、という手段があります。
お金を借りる場合の審査では、居住形態もチェックされます。
一人暮らしの賃貸よりも、持家の実家で親と同居をしている方の方がポイントは高く、審査に通る可能性も上がります。
もし、一人暮らしのアパートには固定電話がなくても実家であれば固定電話があるという場合はさらに点数アップです。
申込む際に金融機関には住所を確認する書類を提出しなければなりませんので、実家の住所に変更した運転免許証や健康保険証を提出しましょう。
健康保険証の裏面の住所欄は自分で訂正することができるので面倒な手続きは必要ありません。

まとめ

この方法はどれも簡単で今すぐ試すことができますよね。
全部試せば、審査に通る確率はぐっと高くなるはずなので、まずは試してみてください。