クレジットカード

同僚の知らないクレジットカード付帯保険活用術

クレジットカードにはたいてい海外旅行保険が付帯となっています。それを活用すれば、あらためて海外旅行保険に加入する必要はないので、海外旅行に関わる費用を抑えることができます。カード付帯の保険はどのように活用すれば良いのでしょうか?あなたの同僚は知らない活用法、こっそり教えます。

自動付帯と利用付帯を使い分ける

カード付帯保険を大きく分けると2種類あり、一つは自動付帯、もう一つは利用付帯です。自動付帯は、文字通りカード会員が海外旅行をするとき自動で保険が付帯となります。利用付帯は、渡航費用をカードで支払った場合に適用となる保険です。

自動付帯保険の方がほぼ無条件で保険適用となりますので、自動付帯のクレジットカードのほうがお得感が強いのは確か。しかし、利用付帯のカードも上手に使いたいところ。そこで覚えておきたいのが、各カード付帯の海外旅行保険は合算できるという点です。

各カードの旅行保険補償額は合算可能

実は、同系列以外のカードなら、各カードの保険補償額を合算できるのです。

Aカード(自動付帯):死亡2000万円、ケガ治療200万円
Bカード(自動付帯):死亡2000万円、ケガ治療200万円
Cカード(利用付帯):死亡1000万円、ケガ治療100万円

このような3種類のカードを保有しているとしましょう。死亡時の補償額は一番高い額が採用(最高2000万円の補償となる)、ケガ治療補償額は合算できますので、合算合計500万円。つまり、最高500万円まで補償されるというわけです。

気をつけたいのは、利用付帯カード。利用付帯カードは渡航前に渡航費用をカードで支払っていることが条件となります。ただし、たいていの場合渡航費用の一部でOK。まとめると、A・Bカードの保険は自動で付帯となり、Cカードは渡航前に飛行機のチケットを買うなど、渡航費用の一部でも支払っていれば保険適用となります。

このように、自動付帯・利用付帯のカードを上手に組み合わせ補償額を倍増させる。これで安心して海外旅行できますよね。各カードの補償額合算の事実は、保険会社ははっきり教えてくれません。教えてしまうと自社の経営に悪影響ですから…。

関連記事

  1. 海外旅行で重宝するクレジットカード活用術
  2. クレジットカード選びの重要ポイント5つ
  3. 節約したいならクレジットカードを活用すべき理由とは

FX特集

自分に合ったFX業者の選び方 自分流のFXの勝ち方負け方を決めることが大切 FXではストップは絶対入れておくべき理由 FXで退場にならないための3つのメンタルチェック 絶対マスターしたいFXで大負けしないための5つの技

貯蓄

資産運用

クレジットカード

キャッシング

自動車保険

生命保険

PAGE TOP