結局どっちが良いの?掛け捨て保険と積立保険

永遠の課題と言ってもいいほど、多くの人が悩む問題です。
掛け捨てはもったいないけど積立は高い…。
みんなが同じ悩みを抱えています。
ここではすっきりと結論を出すために両方のメリット、デメリットをまとめてみました。
これを参考に自分にあったタイプの保険を選んでくださいね。

掛け捨て保険と積立保険の違い

掛け捨て保険とは、保険を請求することなく満期を迎えたり、解約したりしても一切支払った保険料が戻ってこないタイプの保険で保険料はリーズナブル。
積立保険とは、解約時や満期時に支払った保険料が一定額戻ってくる保険です。保険料は高めの設定です。
それに対して積立保険は支払った保険料が無駄になりません。

掛け捨て保険のメリット、デメリット

メリット
  • 保険料が安い
  • 保険料が安い分、大きな保障をつけることができる。

保障部分のみの保険料ですので保険料が大変低く抑えられています。
そのため、万が一の時に受け取ることができる保険金を高額にすることも可能です。

デメリット
  • 支払った保険料が戻ってこない

掛け捨て保険は保険金を請求する機会があれば損をすることはありませんが、無事に満期を迎えてしまうと支払った保険料分は損をすることになります。
損といってもその期間の保障があった訳ですから無駄ではないのですが、人によっては「もったいない」と感じてしまうことも。

積立保険のメリット、デメリット

メリット
  • 貯金ができる

毎月支払う保険料が貯金となるので、意識せずに無理なく資産を作ることができます。
支払った保険料が無駄にならないので、月々の保険料の支払いにも前向きになれますね。

デメリット
  • 保険料が高い

これに尽きます。
同じ保障内容の掛け捨て保険と比べると大きな差です。
毎月の負担が大いので、家計にある程度余裕がなければ保険料の支払いが滞ってしまうケースもあります。

  • 保険金が支払った保険料を下回ることもある

銀行の貯蓄ではないので、すべての金額が戻ってくるとは限りません。
各保険によって規定が異なりますので加入前にしっかりチェックしておきましょう。

掛け捨てに向いているタイプ、積立に向いているタイプ

結局どっちにしようか結論が出なかったよ、という人のためにおすすめのタイプをご紹介します。
まずは掛け捨て保険が向いているタイプです。

  • 月々支払える保険料が1万円以下
  • なるべく大きな保障額が必要

お次は積立保険が向いているタイプです。

  • 生活にゆとりがあり貯金をしたいと考えている
  • お金にゆとりはないから、自分ではなかなか貯金ができない
  • ある程度の財産を持っており遺産相続の際に相続税が発生しそう

積立タイプはお金持ちだけの保険ではありません。
そんなにゆとりはないけど貯金したいな、と考えている人にもおすすめできます。
毎月強制的に保険料が引き落とされますので意識せずに貯金をすることができるからです。

まとめ

どうでしょうか?
ご自分がどちらに向いているかちょっとずつ分かってきましたか?
どちらの保険のメリット、デメリットも十分理解した上で自分にあったタイプを選びましょう。