外貨取引しなくてもFX口座を開設するべき理由

株投資をするなら証券口座を開設すべきですし、FX取引にはFX口座が必要になります。しかし、FX取引をしなくてもFX口座はもっておくと便利なのです。どんな時にFX口座を利用することができるのでしょうか?

FX口座のクイック入金とは

その答えを知る前に、まず知っておきたいのがFX口座のクイック入金。FX取引を行なうための資金をFX口座に入金するとき、クイック入金というサービスを利用すると、リアルタイムでFX口座に資金移動することができます。FX取引に今すぐお金が必要!というとき、すぐにFX口座に入金できれば、利益を上げるチャンスを逃さずにすむというわけですね。

サービス名称が違うものの、ほとんどのFX口座でクイック入金サービスが取扱われています。そして、このクイック入金は手数料が0円となっています(例外あり)。入金だけでなく出金も基本的には無料となっていますので、FX取引をする人にとってコスト負担の軽減となっているわけです。

「入出金手数料無料」を活用してしまいましょう

FX取引をしていなくてもFX口座を持っていれば、この「入出金手数料無料」を活用できます。FX口座の入出金はすべて銀行口座を通して行なうもの。つまり、一つの銀行口座から他の銀行口座への資金移動をするには手数料がかかりますが、FX口座を介して移動すれば手数料が無料になるというわけです。

ポイントはFX口座と提携している銀行口座の利用が必須です。今持っているネットバンク口座と提携しているFX口座を探し、そのFX口座を開設する。それで、銀行間資金移動の手数料を無料にすることができますよ。

例えば、会社から給与がA銀行口座に振り込まれ、その一部をB銀行口座に移したいとしましょう。A銀行からB銀行に振込みすると424円の手数料がかかるとします。しかし、A・B銀行口座の両方と提携するFX口座を開設し、FX口座を介して資金移動すれば、424円の手数料を0円にすることができます。

A銀行 ⇒ FX口座へ入金 ⇒ B銀行へ出金

この手順で資金移動すれば節約できるというわけですね。ちょっとした手間がかかりますが、銀行の各種手数料はバカになりません。FX口座を賢く利用して節約しましょう。ちなみに、証券口座でもこの裏技が使えますので、証券口座の開設でもOKです。是非試してみて下さい。